コレステロールを下げる飲み物特集@口コミ人気ランキング

コレステロール 飲み物

お肉をよく食べる・運動不足

 

これらを自覚しているなら、気をつけたいのがコレステロール。コレステロールは体になくてはならない成分ですが、取り過ぎは禁物です。血管を詰まらせたリ、悪玉(LDL)コレステロール値を上げてしまいます。コレステロール値を整えて下げていくには効果的な食品を積極的に摂ることが大切です。

 

抗酸化作用のあるもの
不飽和脂肪酸を多く含むもの

 

また余分なものを排出するには食物繊維も必要。もちろん、体内でのコレステロールの合成を促進する「食べ過ぎ」には注意が必要です。当サイトでは、コレステロールを下げる効果が確かな、トクホの飲み物を口コミ人気から厳選。毎日の食事を改善するだけでは心配という方に、おすすめです。

 

大正ヘルスマネージ 大麦若葉青汁の特徴

4週間後に悪玉コレステロール値が低下!悪玉コレステロールを下げるキトサンを配合した「トクホ」です。キトサンがコレステロールの再吸収を抑え、便として排出。血中コレステロールが活発に使われるので、コレステロール値が低下していきます!農薬不使用の大麦若葉を使用した青汁は、ビタミンやミネラル・食物繊維が豊富。大麦若葉の酵素にも、生活習慣病を予防する効果があり。抹茶入りで飲みやすい、これなら続けられるとの口コミでも人気。コレステロールも野菜不足も解決してくれます。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 大麦若葉青汁 ビタミンやミネラル・食物繊維

 

ハイ!調整豆乳の特徴

大豆で日本一のソヤファームが作った美味しい豆乳です。大豆のサポニンはコレステロールや血液中の脂質を減少させる効果があります。レシチンが脂質代謝を活発にして、W効果で減らします。毎日1本4週間で、血清コレステロール値が低下することが実証された「トクホ」。独自の新クリアー製法で青臭さやザラつきを除いて、サラッとすっきり味の飲みやすい豆乳になっています。豆臭さがない、イソフラボンが嬉しい、との口コミあり。女性にもおすすめです。

価格 2,430円
評価 評価4
備考 豆乳 サポニン・レシチン

 

緑でサラナの特徴

野菜由来のチカラでコレステロール対策ができる野菜ジュースです。天然アミノ酸SMCSが入っているトクホ。SMCSとはブロッコリーなどに含まれるアミノ酸で、コレステロールを下げる作用があります。8種の青野菜と2種の果物を栄養バランスよくピューレにして、飲みやすく仕上げています。砂糖や塩を使っていないのがいい、野菜を飲んでる、との口コミが。1缶で約105gの野菜が摂れる。コレステロールと野菜不足が一緒に解決できます。

価格 5,400円
評価 評価3
備考 野菜ジュース 天然アミノ酸SMCS

 

コレステロールを下げる飲み物の種類は?

 

飲み物の中には、コレステロール値を下げてくれる飲み物もあります。それは青汁・豆乳・お茶です。今回は、それぞれの効果についてご説明していきましょう。

 

○豆乳がどうしていいの?

 

豆乳と言えば大豆から作られている飲料です。その大豆には悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる効果があると言われています。また、大豆たんぱくには脂質の上昇を防いでくれる栄養素も含まれています。

 

ただし大豆に含まれるイソフラボンを大量にとってしまうと、女性ホルモンの調子が乱れてしまう危険性があるので、十分に気をつけましょう。

 

○お茶がどうしてコレステロール値を下げてくれるの?

 

お茶が何となく健康に良いというイメージを持っている人も多いでしょう。お茶にはカテキンが含まれていて、食事中のコレステロールの吸収を妨げてくれる働きがあります。おすすめなのは、およそ200ミリグラムのカテキンが入ったお茶を一日3回摂取する事です。

 

これを毎日続けてみると、コレステロールが減少するというデータがあります。しかも茶葉ごと飲むのが本来いいようです。市販のペットボトルを買う時も、可能であれば濃いめのお茶を選びましょう。濃いお茶の方がカテキンの配合量が高いと言えるからです。

 

ただしお茶にたくさん含まれるタンニンを摂取し過ぎてしまうと、体に鉄分が行き届かなくなってしまうので、貧血になりやすくなる恐れがあります。多量に飲むのは控えましょうね。

 

青汁
青汁にはビタミンが豊富です。ビタミンには抗酸化作用があるので、コレステロール値を下げてくれると考えられます。特にビタミンEの抗酸化作用が強いと言われています。また、体内にコレステロールがたまるのを防いでくれるビタミンCも有効です。

 

コレステロールを下げる青汁

 

青汁はコレステロールを下げてくれると言われています。その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

 

○どうして青汁にコレステロール低下作用があるのか

 

青汁を飲んでいれば、コレステロール値や中性脂肪が下げられると言われています。それはコレステロール低下に役立つ食物繊維やビタミン、アミノ酸、亜鉛、レシチンなど幅広い栄養素が含まれているからです。

 

最近、日本でも欧米食を好む人が増えてきていますよね。肉類や油っぽい食事が増えてしまうと、コレステロールもどうしても増えていってしまいます。コレステロール値が異常に高くなってしまうと、以下のような病気のリスクが発生してきます。

 

・狭心症
・脂質異常症
・心筋梗塞
・脳血管疾患

 

そこで最近大注目されているのが青汁なのです。コレステロール上昇を防いでくれるので、日頃運動などする時間がとれないといった方にもおすすめです。青汁を毎日飲むだけで不足栄養素が補えるでしょう。

 

○おすすめの青汁「大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁」

 

ヘルスマネージ大麦若葉青汁がおすすめなのは、次のようなポイントがあるからです。

 

・抹茶が入っていて飲みやすい
・悪玉コレステロールを防いでくれる
・大麦若葉は農薬不使用
・ビタミンやミネラルをたくさん含み、

 

コレステロールの吸収が抑制できるのは、「キトサン」を配合しているからです。大麦若葉は食物繊維が豊富で、ミネラルやビタミンも豊富です。そのためコレステロールが抑制できるのです。

 

 

○コレステロールを下げる食品も一緒に摂ろう

 

青汁を摂取しているからといって、食事は何でもいいというわけではありません。食事内容もコレステロール値に気を使った食品を選んでいれば、さらに青汁効果も高まるでしょう。例えば以下のような食品が挙げられます。

 

・大豆
・イワシ
・アジ
・野菜

 

上記のような食品に含まれる成分がコレステロール吸収を防いでくれ、体の酸化も防いでくれます。青汁にもこのようなコレステロール値を防ぐ栄養素が含まれていますが、食事からもアプローチしていけば、ダブルの効果が期待できるでしょう。

 

コレステロールを下げる豆乳

 

豆乳もコレステロールを下げてくれると言われています。その働きはどのようなものなのでしょうか。

 

○大豆の植物性たんぱく質が効果あり

 

豆乳は大豆メインに作られている飲料で、大豆に含まれる植物性タンパク質が、コレステロールを上昇しにくくしてくれます。

 

これまでコレステロール値が高かったという方でも、豆乳を飲むのを習慣化してみると、コレステロール値は正常になってくるでしょう。しかし豆乳だけの効果でコレステロールが下がるとは限らず、食事内容を見直す、運動する習慣をつけていく事も大切です。

 

○豆乳を飲むなら「トクホ」製品を

 

「トクホ」と呼ばれる健康保健用食品を選べば、より高いコレステロール抑制作用が期待できるでしょう。しかしトクホだからといって即効性の高いものではなく、たった数日間で効果が得られるわけではありません。3カ月〜半年かけて効果を実感している人が多いようです。

 

○そもそもコレステロールって?

 

コレステロールとは要するに脂肪の一種であり、そのままの形では体内に取り込めません。そのため、血液と相性の良いたんぱく質とくっつき、血液中を流れながら各組織に流れていきます。各組織は必要な分だけコレステロールを受け取るので、余計なコレステロールは血液中に余ってしまいます。この残ったコレステロールを回収していき、肝臓に戻そうとしてくれるのが善玉コレステロールです。

 

コレステロールには体内で作られたものだけでなく、食品からも入ってくるので、善玉コレステロールが足りなくて血液中に残ってしまう事もあるでしょう。この事からも、血液検査をしてコレステロール値が高かった場合は、コレステロールの元凶となる糖質や脂質、たんぱく質摂取が多いのではないかと、食生活を見直してみなければなりません。

 

コレステロールを下げるお茶

 

コレステロール値が気になっている人は、お茶を積極的に飲んでみましょう。といっても、どんなお茶でもいいわけではなく、特に効果的なお茶を活用するのが望ましいです。お茶の種類によってはコレステロールを減少させる力がとても高いです。そこで今回は、コレステロールを下げてくれるお茶をご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

ローズヒップティー
動物実験でも、ローズヒップティーがコレステロール低下、肥満防止の作用があると分かっています。内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールを減少させ、血糖値まで低下させてくれるでしょう。

 

また、ローズヒップティーのビタミンCの多さも注目されています。ビタミンCはなんとレモンの20倍にもなり、カルシウムも牛乳の8倍、リコピンや鉄分も豊富です。タンニンやカフェインも入っていないので、飲み過ぎて中毒症状を引き起こしてしまう恐れもないでしょう。

 

緑茶
お茶に含まれるカテキンには、食事中のコレステロールを抑制してくれる効果があります。食事と一緒に飲むことで、血中コレステロールの値が減少できると言われています。

 

杜仲茶
コレステロール低下に利用したいのであれば、濃いめの杜仲茶を間食代わりに飲むとさらに効果的です。コレステロールは長寿ホルモンとも呼ばれるアディポネクチンが増え、血糖値も改善されたというデータもあります。カフェインやタンニンも含まれてないので安心でしょう。

 

紅茶
紅茶にもカテキンが含まれていますが、その他にも紅茶の赤い色素である。「テアフラビン」いうポリフェノールも含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用が高く、血管を若々しく保ってくれるので、老化抑制としても飲んでいるのもいいでしょう。

 

コレステロールを下げる飲み物と一緒に行いたいこと

 

コレステロールを下げるためにも、効果的な飲料を使うのもおすすめですが、飲み物を飲んでいるだけで解決できるわけではありません。食事の見直しや適度な運動も必要です。それでは、具体的にどんな事に気をつけていなければいけないのかご紹介していきましょう。

 

○有酸素運動を続けるのがおすすめ!

 

運動には無酸素運動と有酸素運動の二つありますが、もしも悪玉コレステロールの値を低くしたいのであれば、酸素を体に取り込みながら、ゆっくり少しずつ力を出していく有酸素運動がおすすめです。

 

有酸素運動は脂肪をエネルギー源とするので体脂肪は燃えやすく、善玉コレステロールを増やしてくれる働きがあるでしょう。運動は一日だけハードにやってもそう簡単にコレステロール値は減りません。大事なのは続けて行う事です。

 

一日30分程度の運動を毎日行っていくといいでしょう。難しければ週に3回以上でも効果は期待できるはずです。運動の間隔は3日以上あけてしまうと、せっかくの運動効果も台無しになってしまいます。自分のペースを守りつつ、継続するようにしましょうね。

 

○コレステロールを減らしてくれる食品を摂る

 

コレステロール値を下げたければ、悪玉コレステロールを減らしてくれるような食品を積極的に摂りましょう。おすすめは青魚です。コレステロールを下げてくれる食品の代表格といってもいいでしょう。サバなどの青魚に豊富に含まれるドコサヘキサエン酸とエイコペンタエン酸は必須脂肪酸なので、体内では作り出すことができないので、食品から摂取しなければなりません。

 

ドコサヘキサエン酸とエイコペンタエン酸はコレステロール値を減らしてくれ、善玉コレステロールを増やしてくれます。肝臓での中性脂肪の合成も抑えてくれるので、さらに血液をサラサラにできるでしょう。